ホーム入居までの流れ(4)比較・検討■有料老人ホームご案内ネット~全国の高齢者住宅の無料案内

ホーム入居までの流れ(4)比較・検討
有料老人ホームご案内ネット

ホーム入居までの流れ(4)比較・検討

集めたホームの資料を比較します。「出来る限り多く」「表形式などわかりやすくまとめる」事がポイントです。


集まったパンフレットなどの資料について比較・検討をします。一般の戸建て住宅やマンションといった不動産や、車などある程度高額な商品の購入やサービスの利用を決める際には出来る限り多くの商品やサービスについて比較検討されるかと思います。有料老人ホームでも同様で出来る限り多くの施設を比較検討するようにしましょう。また、比較しやすいように、(Excelなどを使って)表形式に予算・設備等の項目毎に比較しやすいようにまとめると良いですね。

多くの有料老人ホームを比較する理由
  1. 有料老人ホームに関する知識が増える
  2. よりよい条件の有料老人ホームが見つかる可能性が高い
  3. 各ホームの良い点・悪い点がよりくっきりとわかるようになる
  4. 「あまり良くなさそうだけど、念のために資料請求」した有料老人ホームが、実際に見学体験入居をする中でスタッフやホーム環境の良さなどから「実は一番希望に近い有料老人ホームだった」ということも
比較、検討に際して注意すべき点
  1. 有料老人ホームにとって有利になるような情報ばかりが並んでいないか?
  2. 法律やガイドラインに沿った内容の記述がされているか?
  3. あいまいな表現や具体的な説明に欠けていないか?
  4. 最終的に決めるのは、入居予定者の方やご家族の方が実際にその施設を見学したり体験入居をして、実際に目で見、肌で感じてからになります。したがって、この比較・検討段階ではあまり絞りすぎずに順位付けする程度で充分です。

有料老人ホームが用意している資料の種類や見方パンフレットなど有料老人ホームの広告に関するガイドライン のページも参考になさってください。



ToTop