要支援・要介護度とは?■有料老人ホームご案内ネット

有料老人ホームご案内ネットTop > 介護保険制度 > 要支援・要介護度とは?

要支援・要介護度とは?


介護保険で提供される介護サービスを受けるためには、所定の手続きによって認定申請を行い、要支援または要介護の認定を受ける必要があります。

ここでは、要支援・要介護の各認定基準についてご説明いたします。

要支援・要介護度の種類

平成18年4月以前は、要支援と要介護1~5の合計6段階に分けられていましたが、法改正によって、次のように7段階に分けられるようになりました。各介護度によって、介護サービスの利用出来る内容や回数、そして、利用の際の自己負担額も異なります。

~平成18年3月

平成18年4月~

介護サービス内容

要支援

要支援1

予防給付、予防介護が受けられる

要介護1

要支援2

要介護1

介護給付、介護サービスが受けられる

要介護2

葉介護2

要介護3

要介護3

要介護4

要介護4

要介護5

要介護5

要支援・要介護度別と状況と支給限度額

在宅サービスの支給限度額については、各自治体によってことなります。
ここでは例として東京都大田区の支給限度額(H21.12現)を表示しています。

要支援1 ~ 介護予防・社会的支援
ほぼ自立して生活する能力があるため介護の必要は無いが、日常生活の中で何らかの支援が必要な状態
【支給限度額】 49,700円~54,000円程度 (自己負担は1割)
要支援2 ~ 介護予防・社会的支援
日常生活の中で介護が必要な場面があるが、予防を重視したサービスの適切な利用が期待できる状態
【支給限度額】 104,000円から114,000円程度 (自己負担は1割)
要介護1 ~ 部分的介護
日常生活の中で、家事などを行う能力が低下し、部分的に介護が必要な状態
【支給限度額】 165,800円から183,000円程度 (自己負担は1割)
要介護2 ~ 軽度の介護
日常生活の食事や排泄、入浴などに部分的または全般的な介護が必要な状態で、歩行や立ち上がりなどの動作も難しいことが多い
【支給限度額】 194,800円から215,000円程度 (自己負担は1割)
要介護3 ~ 中度の介護
日常生活の食事や排泄、入浴などに全面的な介護が必要な状態で、歩行や立ち上がりなどの動作がかなり難しいことが多い
【支給限度額】 267,500円から295,000円程度 (自己負担は1割)
要介護4 ~ 重度の介護
日常生活の大部分に全面的な介護が必要な状態であり、介護無しでは日常生活を営むのに困難な状態。立ち上がりなどの動作は非常に困難。
【支給限度額】 306,000円から338,000円程度 (自己負担は1割)
要介護5 ~ 最重度の介護
寝たきり状態などによって日常生活に必要な動作がほぼできなく、生活全般に全面的な介護が必要で、介護なしでの生活はほぼ不可能な状態
【支給限度額】 358,300円から395,000円程度 (自己負担は1割)

グループホーム

はなことば四万十(グループホーム)

高知県四万十市に平成26年04月オープン。
『その人らしく、生きがいのある生活』を、清流四万十と緑に囲まれた馴染みの環境で。


介護付有料老人ホーム

イリーゼ狭山

埼玉県狭山市に平成26年04月オープン。
「あなたに会えてよかった」といわれる介護サービスを


住宅型有料老人ホーム

イリーゼ月寒

北海道札幌市豊平区に平成26年05月オープン。
「あなたに会えてよかった」といわれる介護サービスを


介護付有料老人ホーム

イリーゼ大宮櫛引

埼玉県さいたま市大宮区に平成26年03月オープン。
「あなたに会えてよかった」といわれる介護サービスを


介護付有料老人ホーム

リアンレーヴ狭山

埼玉県狭山市に平成26年03月オープン。
お体のケアはもちろんの事、心のケアも大切に、ご自分らしい生活の実現をお手伝い

その他の新規オープンの老人ホーム情報はコチラ


ToTop