高齢者の住まいの種類(高齢者向けケア付き住宅)■有料老人ホームご案内ネット

有料老人ホームご案内ネットTop > 高齢者の住まいの種類 > 高齢者向けケア付き住宅

高齢者向けケア付き住宅~高齢者の住まいの種類


高齢者向けケア付き住宅

「高齢者向けケア付き住宅」とは、「ケア付き高齢者住宅」「介護マンション」「ケア付きマンション」「ケア付き高齢者マンション」等とも呼ばれ、60歳以上程度の自立者または軽度の要介護者を対象にしています。

建物は、設計や仕様などについて一定の基準をクリアしたケア付バリアフリー住宅となっていますが、「高齢者向けケア付き住宅」についての明確な定義が無いため、各施設によって提供されるサービス等が異なります。

地方自治体や社会福祉法人等が主に運営しており、緊急通報装置が各部屋に設置されていたり、ヘルパーステーションが併設されるなど、一定レベルまでの要介護者には対応していますが、訪問介護では対応できない程度まで要介護度が進行した場合は、退去して別の介護施設に移り住まなければならない場合があります。

利用料については、入居一時金(敷金や礼金も別途必要な場合もあり)が必要である施設もあり、月額利用料は概ね7~8万円前後が多いようです。



ToTop